Japanske blå, Japanske blomster
2019/7/27 (土) 〜 8/4 (日)
12:00~18:00
東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階
会期中 金曜休み|最終日16:00まで

陶|小泉すなお
硝子|オオタ硝子研究室・菊田佳代・松村 淳
織|nagamori chika
刺繍|繍 ぬいとり
革|Ohama
金工|佐々木ひとみ
和紙|小嶋紘平・祐希(7/27在廊)
アダン|吉澤佑種子

今秋、デンマークのイサガーギャラリーで開催する2回目の「日本の手工藝展」。
渡航を前に、出展作家の中から有志でヒナタノオトでプレ展示を開きます。
大きな括りは「日本の青、日本の花」。
10組の作家たちによる新たな制作をぜひご覧ください。

小嶋紘平・祐希
PAPER BRUTの紙も使って頂いてるアーティストの石渡真紀さんがクラウドファンディングでプロジェクトを始めております。
ぜひご支援を宜しくお願い致します。

以下、石渡真紀さんのプロジェクトページより

[お知らせ] 
和紙花を米サンディエゴで咲かせるためにクラウドファンディングを始めました! 
本日6月16日からです。
協賛いただきご支援を賜れれば幸いです。
  
2014年11月27日、ユネスコは楮(コウゾ)を原料とし作られた3種類の手漉き和紙を無形文化遺産に登録することを決めました。
しかし、こうした国際的な高い評価とは裏腹に、和紙は今、後継者不足が深刻な問題となっています。和紙の魅力を感じるたびにもっとグローバルに伝達していき、その素晴らしさを海外でも開花させたいと思い続けてきました。和紙と人の手が波長を合わせ生み出された「造形」を通し、わかりやすい形で和紙を紹介し、触れてもらい、語ることができたらと願っていました。
そんな日々、サンディエゴのJAPANESE FRIENDSHIP GARDEN から本年秋に和紙の個展開催という嬉しい機会をいただきました。「和紙花をアメリカで咲かせよう!」このプロジェクトを最も魅力ある形で実現し、より多くの方々に和紙の素晴らしさを知ってもらえるよう努めてまいります。
つきましては、皆様からのご支援をお願いしたいと思います。和紙伝承と発展に寄与する一員となっていただけたら幸いです。一千年生きる日本の花をアメリカで一緒に咲かせてみませんか。
クラウドファンディングのプロジェクトページは以下のアドレスです。
どうぞよろしくお願いいたします。

展覧会概要
TITLE :WASHI HANA(仮)
場所:JAPANESE FRIENDSHIP GARDEN Exhibit Hall
2215 Pan American Rd E San Diego CA9210
会期:2019 / 11 / 1 ~ 2020 / 1 / 26 
オープニング・レセプション 11/1 初日 4:30am - 6:30pm
10:00am - 7:00pm (無休) 最終入場 6:00 pm
今年、和紙で創作ワークショップを一緒にしてきた方の作品と自分たちの紙も展示されています。

アール・ブリュット展㏌長岡2018
2018年12月7日(金) ~2018年12月9日(日)
9:00~19:00(最終日16:00まで)